虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2018年6月1日金曜日

エッセイ-17

<俳句と伝統俳句>    Chiau-Shin NGO (呉昭新)
黄霊芝師が亡くなってからはや三年、フエイスブックでは旧作を毎年その日になれば親切にまた持ち出してくれるようになっているので今年もまた自分の 当時の思いの旧作を読んでしみじみ人情の薄いのに哀れを感じた。お弟子たちは師の生涯の最後の遺言ともいえる一番大事な一文に(読んだかどうかは知る由もないが)何の反応もないのだ。師が自身の一生の念願である俳句の真髄を求める心をひた隠しに隠してただ市井のありふれた俳句結社の主宰として弟子たちのために尽くしたことに感じないのだ。今でもただ自分たちの都合のために結社を続けているだけなのだ。師の究極の念願を全うしようとはせず、ありふれた市井の俳句結社の主宰で済ませようとしている。かって自分が言うた日本返りの台湾人の日本語の練習場と在台日本人の友好クラブになってしまったのだ。
所謂の伝統俳句が果たして伝統であるかどうかは別として、確かに所謂の伝統俳句は子規の二大弟子のひとり虚子の創案になる日本特有の日本人ならではの俳句の一派であり多くの日本人に愛される俳句である。日本人のポピュリズムによる俳句の一つの形である。だがそれは俳句唯一の形ではなく俳句の一部である。それを取り間違えてそれのみが俳句だと思っている方が日本全国いや全世界に自分の考えを推し進めているのだ。日本のポピュリズムが俳句をして難しい立場においてしまったのだ。あまり日本の歴史風俗習慣を了解していない外国人が戸惑うのも無理はない。それを真の俳句の本質真髄を知らない日本人がしたり顔で説明や教えるので益々こんがらがってしまう、で真に俳句を知る俳人はポピュリズムにたじたじと押されて又は生活の為と言う方もいるが、口を閉ざして目をそらしている。よく考えてみると確かに俳句を指導することによって生活を贖っている方もいるのは事実だ。だが黄霊芝師は違う、彼は台南でも一二を争う大資産家の末っ子で、戦後本国に送還される日本人から一荷車の本を買い取ったという逸話もある位の資産家である故,生活のために市井の俳句主宰を務めたわけではない。彼は病身であるがため学生時代一番上の姉の世話になった、彼はその姉の俳句グループの世話をしたのである、そしてそれは市井の芸事俳句グループだったのだ、彼はその天才の資をもって市井の芸事俳句結社の主宰を務めたのある。彼はその遺言に等しい一文の冒頭で<<これらの作からもわかるように私は必ずしも五七五の定型に臣服していませんし、季語の虜になってもおりません。>そして最後に<もう一言加えたい。五七五は定義ではない。そして同じ文芸界に属する小説の世界では定型に縛られることなく、むしろ一作一作風をこそ手柄とするのではあるまいか。>と締めくくっていました。彼は伝統俳句に拘っていなかった、もっと広い意味の俳句に心酔していたのだ。
小生はこの結社で<伝統俳句>を止めなさいと言うのではない、<伝統俳句>は伝統俳句として継続し、虚子の三縛りを思い切り駆使し日本特有の俳句型を思い存分詠まれるのを祈念すると共に、伝統俳句以外の形の俳句の吟詠も認めてもらいたいだけです。ですが、伝統俳句の三縛りや<季重なり>、<無季>、<破調>、等々についても伝統俳句のバイブル:子規の<俳句大要>、虚子の<俳句読本>、<俳句の詠みよう>、<俳句の作り方>と<俳句の道>をもっと精読してください、一般にがみがみ言われるほど大切なことではありません。そして俳句に良し悪しはなく鑑賞は人に依りけり、子規は蕪村を重んじ芭蕉は軽んじられているようですが、虚子は芭蕉をより重んじているようです、また桑原武夫教授の俳句第二芸術論のようにプロとアマチュア俳人の作品の見分けは難しいという事は何を意味しいるのでしょうか、そして今泉恂之介の<子規は何を葬ったのかー空白の俳句史百年>のいうように子規は一茶以降百年の俳句を抜かしている、すべては子規の短命に帰せざるを得ません、若し子規が80から90歳まで生きていれば今の俳句事情は現今の如くではない筈。
日本に源流を発し今世界のブームになりつつある俳句は日本人そして日本文化のの誇りです。伝統俳句は虚子の発見した日本人特有の文化であり、また俳句の一部であります、そして俳句そのもののオリジナルは日本文化にありもっともっと広いものです、皆さん日本の誇りを大切にしましょう。
みんなご存知の小林一茶をはじめ、河東碧梧桐、荻原井泉水、種田山頭火、尾崎放哉、中塚一碧楼、石田波郷、吉岡禅寺洞、加藤楸邨、日野草城、嶋田青峰、東京三、山口誓子、鈴木六林男、金子兜太、芝不器男、高柳重信ら非伝統派の俳人もみな俳人でしょう、ことさら人間探究派や難解俳句などの俳人も。それなら俳句を詠みながら俳句の本質や真髄などに思いをよせ寺田寅彦、折口信夫、正岡子規、高浜虚子、金子兜太、長谷川櫂、夏石番矢、今泉恂之介、彌栄浩樹らの詩論、俳論も何回か読み直し、又ネット上の俳句評論コラムの若い世代の方々の考えにも目を通しましよう、自然一般俳句会、結社の営為にも思慮が及ぶはずです。(2018-5-31夜 脱稿)
1)         季語とキーワード:http://oobooshingo.blogspot.com/2018/02/15.html 
2)         “俳句”の二つの顔:http://oobooshingo.blogspot.com/2018/01/14.html 
3)         黄霊芝師逝く:http://oobooshingo.blogspot.com/2016/04/blog-post.html 

4)         黄霊芝主宰の俳句観:http://oobooshingo.blogspot.com/2016/01/009.html 

2018年2月27日火曜日

エッセイ-15

<季語>と<キーワード>
一外国人の心からの願い
日本の俳人の方々、日本源流の俳句の世界への発展のために、目を開けてください。
俳句は決して皆様方が一つの信仰の様にお考えなさるように狭いものではありません。俳句は文学です、そして世界の文学です。伝統だけが俳句ではありません、伝統も俳句の一部ですが全部ではありません。惜しむらくは子規が短命だったことです。若し子規がもう少し長生きだったら、子規の知力と迫力を以てして俳句への改革はそこまでで止まったでしょうか、そうではない筈です、その子規の遺志を続けようとしたそしてする方々の努力がなぜこうまでに一般大衆から無視された、またされるのでしょうか、外国人の私は理解に苦しむのです。すべての物事は変遷、改革、進歩するものです、芭蕉の言う<不易流行>、俳句の精神真髄は変わりませんが俳句はまた時の流れに従って変わりゆくものです、それが流行です。伝統を守るとおっしゃいますがご存知の如く、子規は俳句の改革を求め改革をしたのです、そして芭蕉も、蕪村も、一茶も同じように俳句の改革をなしたのです、おなじ575ですが内容が違います、そして改革進歩は永遠に続くのです。
一般大衆の作句をご覧ください、伝統を守ると言いながら、言葉も文言から口語に変わりました、仮名遣いも変わりました、漢字も変わりましたと同時に常用漢字と言う使用制限も出てきました、古い時代に合わない季語は捨てられまた新しい季語もどんどん出て来ています。花鳥諷詠と言いながら春燈では人事も許されています。また客観写生と言うても一般に主観的の作句が主流の様に見えます(強いて言えば詩は皆主観です)、例えばネット上の<俳句のサロン>には多くの結社の俳句集の俳句が季語別に載せてあります、その一つを選び出して見てみましょう、例えば季語<汗>の項を見てみると19962016年間の1143句の内大部分が主観を述べた句で特に伝統俳句結社の名だたるメンバーが主観的俳句を詠んでいます、これが自然また当然で間違ってはいませんが、問題はこの方たちが俳句を説くとき真っ先に出るのが季語、花鳥諷詠、客観写生と言うことだ。日本での場合一般的に知らず知らずのうちに慣れてしまっている故問題にはなりませんが、外国人に説く場合外国人は戸惑ってしまいます。ハッキリ言えば言うことと為す事が違うのです、これでは他人を承服させられません。正直のところ未熟者の小生にとっては季感の無い季語、即ち季語あって季感がない句が多すぎます。また、ただ季感につていう場合日本の北海道から沖縄での同じ季語の季感、日本と外国での季感の違いはもう古臭く、文献も山ほどあり、また河東碧梧桐が明治の昔に言ったように月を見ても日本人とドイツ人では感じるのが違うばかりでなくドイツ人は別に感じません。

周知の如く俳句での詠みと読みは違うとともに自選自解もよくタブーとされているように季語の解釈も人によりけり。XX忌などは季感と言うよりはその俳人に対する感触と言った方がよさそうだ。また<228>と言った場合台湾人にとって連想するのはあのむごたらしい大虐殺の228事件で決して冬の二月の季感ではありません、<226>と言った場合日本人が連想するのはあの226事件の青年将校の決起かそれとも二月の冬場でしょうか、またおなじように<311>は春先よりもあの大震災を連想するはずです、所謂の<歴史文化の記憶>、それゆえ小生は<季語>よりも<キーワード>または<基語>という方が適切じゃないかと思います。一外国人のたわごとのように聞こえますが日本国内でもよく聞かれる話です、ただ多くの一般大衆がとりつきやすい伝統俳句(虚子ら曰く)に押された多数決(ポピュリスム)の果でしょうか、また日本人は伝統に弱いと言われますがそうでしょうか?ああ俳句よHaiku.
でわ伝統俳句の守護者はどうすればよいのでしょうか?いたって簡単です、俳句とはと問われた場合<これ以上縮めることが出来ないまでに縮めた最短の詩で瞬間の感動を詠んだ詩であり、其の中の所謂伝統俳句は日本人の習慣に則て季節を詠み込んだ俳句の一部であると、そして伝統俳句には守らなければならない三縛りがあると>。
(2017-3-16)

         黄金海岸(1990)

2018年1月6日土曜日

エッセイ-14

“俳句”の二つの顔
日本の俳句は今 “HAIKU” として世界中に広がっている、だがHAIKUとは何だろうか?となると深く考える人たちは迷ってしまいます。と言うのは20世紀の初めにエズラパウンドのイマジズムが一時流行ってこの方早100年を超すが、現時ネット上の諸外国の作品に目を通してみると、その内容は様々である。では俳句の源泉である日本ではどうなのか?静謐、清澈のようで騒然、混沌としているのが実情、とくにネットと言う便利なそして誰にも束縛されない媒体が意志、意見、思惟、思想の発表の自由と利便をもたらした今日、源泉の日本での俳句とは?に関する不確実性が外国の人々を混乱させています、とくに日本人の方で外国語に堪能であると同時に俳句も詠めると自負し、その実俳句には生半可な人がしたり顔して俳句を外国人に教えようとしきりに所謂の伝統俳句の三縛りばかりを強調して外国人をして五里霧中に陥らせており、困ったものである。一方日本本国の実情を見てみると、俳句に二つの顔があるのに気づきます。一つは俳句を芸事として生け花を習う様に考えて俳句を詠んで文藝人の箔を付けようとするのか所謂の有閑マダムの芸事の一つとしての顔、もう一つの顔は真に文学、詩として俳句を詠んでいらっしゃる方の詠む俳句という顔である。ところが数にして前者が大多数を占め後者は少数にすぎません、それ故もともとは俳句の一部である前者が俳句でのポピュリズムで本流の様になってしまい俳句の全貌を意味する後者がたじたじと押される結果になってしまいました。主客転倒です。無季、非定型、三縛りに沿わない句、社会一般を詠んだ句、難解な句、生活に関する句、政治思想の句、等々は皆俳句と見なされません。俳句界でのポピュリズムは俳句の本質を変えようとしています、で1000以上もあると言われている俳句結社の主宰も大部分が三縛りを取り扱わないとお弟子さんが集まらないのか、俳句の本質真髄をよく理解しておられる方も三縛りに縛られているようで、軽々しく三縛りに触れるのを避けているようです。人が生きていく以上生活費が必要です、だからとやかく何とも言えません。
しかし10数年前ネット上に中川広と言う方が伝統俳句の三縛りや俳句結社のあり方に触れた評論を載せましたがほとんど賛否に触れた評論を見ていません、これは戦後間もない頃の桑原武夫仏文学教授の<俳句第二芸術論>発表当時の俳句界の反応よりひどいものです。中川氏の評論は今でもなおネット上に載っており日本語を解する外国人は読むことが出きます、けっして下らない評論ではありません、一応道理も通っており結社の描写も実情そのものです、ただある個人に対する攻撃が明さまに過ぎると言うだけです、でも同じような攻撃は彼に始まったことではありません、以前以後にも見受けられます。小生は一外国人として日本の俳人、俳学者、評論家人の客観的で学術性で公平な評論を読みたいものです。でないと日本の俳句界はこれ程までに俳句界のポピュリズムに弱いのかと思われざるを得ません。すでに世界中に愛されている日本源泉の俳句のために、日本文化の広報のためにぜひ読みたいものです。

<中川広の俳句のページ:> http://www1.odn.ne.jp/~cas67510/haiku/index.html  

2017年12月16日土曜日

短歌 (Tanka)-27

なかれみんなの人間 
                       関せずと


短歌 (Tanka)-26

黄国ひまわり咲いて国会へ

                  正義を説いてむは


俳句(Haiku)-273

なかれみんなの燵猫


俳句(Haiku)-272

すっからかんただ歳つ増えにけり