虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2013年3月7日木曜日

俳句(HAIKU)-148

独り鍋おでんが話す今日のこと
おでん鍋われら仲間の寄せ集め
のんびりとかまえて思惟す日脚伸ぶ
日脚伸ぶ夕食済まして子等あそぶ
新年に切れる消息水流る(2013-01-17)
  (呉昭新;オーボー真悟;瞈望)


2 件のコメント:

  1. ご無沙汰しています。
    一句目が、私の好みです。

    返信削除
  2. 野口様
    コメントありがとうございます。
    ここ三ヶ月来台湾語のルビつきフオントの製作校正に追われて俳句の方はしばらくお預けにしていました。もうあと一息と言うところまで漕ぎつきました。
    四月からはまたもとどうり俳句が詠めると思います、そして台湾語の俳句もこのフオントをコンピュータに設置すれば正確に読めます(文字化けなく)、といいますのは同じ漢字でも台湾語で使う漢字と中国語で使う漢字は大分違う場合があるからです。
    ご存知のとおり俳句歴まだ4年そこそこの小生ゆえ、まだまだ俳句の本質が会得できなくて困惑しています。伝統俳句、無季、有季、定型、季語、字あまり、字足らず、自由律、随句、川柳、俳柳、外国語俳句、花鳥諷詠、客観写生、俳人協会副会長岡田日郎氏の提言、多くある結社の句集、古今の句集、ネット上にみられる様々な俳句や俳論、……
    この二三日高浜虚子の俳句読本を読み直しています。
    いったい形式やある一人の定義に従って俳句を詠むか、または俳句の本質を究明して詠むか?戸惑っています。
    野口様に受け入れられた一句、小生自身の自己満足の句作の中の一句です。64億人の中に一人でも知音がいるということは大きな励ましになりました、ありがとうございます。
    お暇がございましたら、つづけてご指導お願い申し上げます。
    オーボー真悟

    返信削除