虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2016年9月18日日曜日

俳句(Haiku)-208;短歌

(満月に正義いづこ)
<俳句>
碇なく風の吹くままなみだ孤児
みなしごやなされるがまま強権に
みなしごや秋空高くから頼み
望月の台風に遭う天の意か
<短歌>
みなしごや弄ばされ強権に
           自己主張さえする能わざる
碇なくアジアの孤児は漂うよ 
        戦後70年止まぬ漂流

An orphan:
being trifled with
those in power
failed to say
self-assertion
(月圓無處覓正義)
<漢語俳句>
無錨拋 隨風漂流 孤兒淚
孤兒怨 儘受侮辱 隨人欺
中秋月 偏遇颱風 是天意
<漢語短歌>
孤兒怨 強權玩弄 無處訴
                 自我主張 不許訴說
           (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-18)



  

俳句(Haiku)-207

真喜悦俳句真髄得た今日この日
凄切や霊芝遺言知らずもがな
  @霊芝(1928-2016):戦後台湾唯一の日本語俳句主宰 
黄霊芝師逝く:(日本語)
悼黃靈芝師仙逝:華語)

                  (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-18)
                      大屯山  

俳句(Haiku)-206

晴れ着きて餌に群がる錦鯉
台湾語一千万字辞書の成る
今過ぎて還ることなし人の世よ
今去って返ることなし川ながる     

満月や共に愛でるかスマホ撫で
                                                             (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-18)
                                                                        月山にて(1994) 

2016年9月16日金曜日

俳柳-006

(俳柳)有季定型派の皆様方、気に障らないで聞き流してください
   虚子の<俳句読本>を読んで
 お経やな花鳥諷詠虚子綴る  
経文や花鳥諷詠虚子の説く
中川広ずばりと突いた結社評
     (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-16)
 Buchart garden (1994)

俳句(Haiku)-205

木枯らしに飢えぞ知る民群れをなす

ぬばたまの闇空に鳴く秋の風

みちのくに芭蕉しのんで紅葉追う

枯野なか芒の揺れて白髪ゆく
                  (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-16) 
                  Buchart garden (1994)

俳句(Haiku)-204

波荒く海の藻屑になるさだめ

あどけない数珠回す顔子供らの
みな落ちて一輪残す椿あり
現世や海の藻屑になるさだめ
波静か海の藻屑となるさだめ
                                                          (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14) 
                                                                 雲仙 (2009)

俳句(Haiku)-203

汗だくや鎚振る腕に三度の飯
夢を見る世界制覇の夢を見る
夢を見る地球の王や夢うつつ
蝉の声補聴器つけてああ夏だ(った)

ハンカチに汗とプワゾンpoison共匂う
                                                              (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-16)
                                                                       Buchart garden (1994)

2016年9月15日木曜日

俳句(Haiku)-202

鬼月や夜の細道寒
終戦日思いさまざま吾もまた
秋空の雲掴もうと手の伸びる
街はずれ白鷺一匹とぼとぼと
                                                   (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)
                                                                                                                          バンクーバ(1994)

俳句(Haiku)-201

瞑想にアイスクリームの溶け消える

かき氷赤黄緑の地図えがく

ごきぶりと出会い頭に後ずさり

死に臨み知るぞこの世は旅のなか

顧みて知るやこの世は旅路かな
                                                            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)
                                                            バンクーバ(1994)

俳句(Haiku)-200

汗だくや見え隠れするわが棲家

故郷を売って逆切れ政治屋よ

老い二人相携えて医者参り

白い皿ライチ一房待ち侘びて

ビール舐め尾を振る子犬悪げなく

                                                            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)
                                                                  Buchart garden (1994)

俳句(Haiku)-199

蟹君よ手足縛られ目は無念

役者たち人生劇場幕引きや

炭を焚き一家心中冬ざるる

風鈴やいくら待っても風は来ず

つくつくし筑紫恋しと鳴き止まず
                                                            
                                                            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14) 
                                                                
  Buchart garden (1994)

俳句(Haiku)-198

雨やまず猫も出られずあくびする

現世や双子のさだめ北山の里

霧深く握るハンドル重くなり

霧深く万物失せて吾もなく

靜寂や闇のまた闇また孤独

                 (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14) 

                         Buchart garden (1994)

2016年9月14日水曜日

俳句(Haiku)-197


生きた志士栄華極めて吾忘れ

死んだ志士苔むす石碑忘れられ

夏半ばまだ聞こえぬか蝉の声

かね山積み妻子悲しむ駄菓子かな

七夕やくノ一人の子織姫よ
                     
                   (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)  
                      秋田(1994)   

俳句(Haiku)-196

俳句かな感触詠んで吾のある
目が覚めて一晩過ぎて皆空だ
夜が明ける吾呼び覚ます雀たち
褒賞や行き着く処ゴミ捨て場
優等生賞状壁に職の無く
                                                             (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)
                                                             月の世界(台湾高雄ー2013)

俳句(HAIKU)-195

皆似てるあやめか菖蒲杜若

梅雨に入り命の綱の水の来る

生きていて文句ばかりや友逝けり

戦中や川面埋める爆死鮎

鮎釣りや渓流はやし水楽し
                                         (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-14)


2016年9月7日水曜日

俳句(HAIKU)-194

露の如消えしエリート64天安門

口塞ぐ東方自由夕日落つ

つくしんぼうあの子はもはや帰り来ぬ

萎(しな)びゆくとはこういう事や老
いぼれよ
              (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-07)
                    奥入瀬(1994)

ハイク(HAIKU)-193

金鯱や美しけれどとげ怖し

風立ちて枯葉一枚飛び去りぬ

神ありて善しも悪しきもまかり通る

説明や次元が違う詠みと読み


五里霧中次元が違う詠みと読み

                   (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-07)
                   サンチャゴ(1995)

俳句(HAIKU)-192

若き日の競いし日々の空しけり

年とりて全て意味なし木下闇

真髄やいつ行き交うか木下闇


日が暮れる今日来たこの道どうなんや

                                                    (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-07)
                                                                      ハワイ(1995)

俳句(HAIKU)-191

五月雨の雨だれの音しくしくと

池の中泳ぎし金魚今朝は無く


数多いた金魚今朝なく攫われし

専制の魅力がしのぐ民主かな

専制の魅力は勝る民主の若葉
  (専制の子弟民主に学び帰国後は専制に励む)
          (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-07)
                  ハワイ(1995)
   

俳句(HAIKU)-190

葉桜や昔の姿眼の底に

葉桜に思い出すのは艶姿

ありがたや葉桜の蔭一休み


葉桜や萌えたつ並木未来映え

                                                        (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-09-07)
                                                                     瑞巌寺(1994)

2016年9月5日月曜日

俳句(HAIKU)-189

雀の子僕を見つめてチュンと呼ぶ 

ゆったりと昭和三色人眺め 

孤児や春遠からじ夢の中 

汗だくや夫の侍おり気も軽く 

消えゆきぬ燃え立つ炎秋雨に               
            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2016-08-28)
男体山(1994)