虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2015年5月15日金曜日

俳句(HAIKU)-(174)

目を病みて似合わぬ顔にサングラス
サングラスつけて気持ちも若くなり
稲光雷響き彼は来ず
蜆の身呼び売りの声今は無く
蜆汁美味いとすする口見つめ  
                                                 (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)
                                           (小油坑-台北)(1998)

俳句(HAIKU)-173

雨に濡れ涙隠したわが青春
梅雨がきて出水で死ぬる雨乞いよ
筍の歯あたり気づかう八十路かな
つばくろの古巣に声が戻りけり
街中で聞くあの声はホトトギス
            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)
(別府高崎山自然動物園)(1990)



2015年5月14日木曜日

短歌(TANKA)-(012)

 死が近く確かになりて悟るかな
    すべては現実(いま)の吾身(われ)と関せず
何時の日か吾醒めなんと信じてぞ
        吾は往くなむ子ら孫たちよ
何時の日か我醒めることまたあらん
       さよう悟りてたつ死出の旅
                 (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2014-04)
               (朱銘-彫刻公園-台北-1993)

短歌(TANKA)(011)

 向日葵や学生運動がシンボル
       やくざ手に持つカーネーションよ
 向日葵とカーネーションやフオルモサに
         その意義変わり泣く涙なし 
反核に血を滾らせる大衆や
            子孫の為よわが身を捨てて
反核に血を滾らせる大衆や
              とこしえ信じ子孫を護
                                                      (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2014-04)
                                                (朱銘-彫刻公園-台北-1993)

短歌(TANKA)(010)

 ひまわりの学生運動終わり告げ
        政府の譲歩謀略含み
学運や公民の意思明白ぞ
        独裁の剣舞い狂う空
  学生の国会占拠効果あり
        政府暴力民体験す
学生の国会占拠効果成す
        為政者つかうは権力の極
台湾や学生運動国沸かす

        為政者つかうは権力の極
              (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2014-04)
            (朱銘-彫刻公園-台北-1993)

俳句(HAIKU)-172


 母の日や歩けぬ母の車椅子
杜若アヤメ並んで首ひねる
 梅雨がきて出水で死ぬる雨乞いよ
筍の歯あたり気づかう八十路かな
         (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2014-08)
            (1982)台湾古坑樟湖風景区