虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2013年9月28日土曜日

俳句(HAIKU)-162

秋日和花鳥風月故郷(くに)のなく

枯れ薄揺れる銀波に去りし日々

バックパッカーいかもの食いか虫の音や

リンリンと鈴虫寺の人の鳴く


秋風に猛る民心おさまらず
          (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

2013年9月16日月曜日

俳句(HAIKU)-161

南風干し物ピンと手に触れて

白南風やおめかし済まし外眺む

夕焼ける空に見入るはかな

蟻地獄のぞく蟻あり首かしげ

挙げた足下ろす場もなし蟻の列

お釈迦様地獄をのぞき苦笑する
                        (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-160

雷鳴や血まみれの手を雨洗う

雷鳴や耳なし暴君耳のなく

雷鳴に暴君荒れて民を売る

雷鳴や轟きわたり雨降らず


タイラント雷鳴よそにニタリかな
                                 (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-159

かき氷奪う兄弟母涙
汗だくやまだ見えぬ家見えて来る
雷にすくむ泥棒屋根の裏
雷にすくむ間男蚊帳の中
雷鳴に怖気づかないタイラント
     (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-158

蝉時雨おしっことばしてバイバイと

雷にすくむ与太者ドス光る

稲光続く轟き無が続く

汗だくや沁みる目にみる札束よ

かき氷舌を舐めずり見つむ餓鬼

                                (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)



俳句(HAIKU)-157

汗流れ沁みる目に見るヌードかな

独り居や風鈴落ちて音も無く

怖気付く独りよがりの稲妻を

薫風に胸のふくらむ恋心


長生きで知り尽くすらむ春の宵
              (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-156

顔に汗沁みる目に見る艶姿

独り居や風鈴落ちて静かなり

怖気付く独りよがりの稲妻に

薫風に胸のふくらむ若きもの


長生きで知り尽くすらむニヒリズム
                     (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-155

試験終え帰りの道に風薫る

山開き若き二人に風薫る

風薫る動かぬ足を動かさん

風薫るかすむ目に見る緑色


薫風に胸のふくらむ島おこし
    (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)

俳句(HAIKU)-154

詩の神や独りよがりの稲光

一口に飲み干すビールあっけなく

冷ビール恨みの炎一口に

空調に神仏をみる夏の午後


不景気や顔は汗だく目がしみる

                     
(オーボー真悟;呉昭新;瞈望)