虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2017年2月25日土曜日

俳句(haiku)-235

かまい時人間様も動物や
かまい時子犬子猫がぞろぞろと
かまい時四季の別ない人間や

かまい時春夏秋冬みな時よ
               (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-25)
                   雲仙(1994)

俳句(Haiku)-234

忠犬の肉うまいと食む人のある
猛獣や咬み殺すだけなぶり無く
日の出見る山の空気に香水や
人の言う難教易騙台湾人

日の出見る山の空気に香水や
                                                 
(オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-25)

俳句(Haiku)-233

寒流来人の心の頼りなさ

有頂天我を忘れて友の去る
生きた志士権力握り吾れ忘
死んだ志士野辺の墓石に花もなく
雪ん中幼子一人影送る
        (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-25)
                                                                      草山(1994)

俳句(Haiku)-232

老い二人相エスコート外寒し
かじかんで身も脳みそも硬くなり
月並みや川柳俳柳俳句かな

考える全てのすべて皆空だ
              (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-25)
                   八斗子漁港(1994)
  

俳句(Haiku)-231

全ては無脳みそ酷使は何のため
現世を知らぬおひとが世をおさむ
あかぎれに氷押しつけ痛み止め
雪が降る常夏の国珍しか

寝ずの番旧正月の大晦日
                                                            (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-25)
京都(1994)

俳句(Haiku)-230

冬ざるる炭火焚き逝く一家族
冬ざるる射し込む陽の矢暖かし
権力や万人思い帰するとこ
建て前の違い有るのみ本音はね

党違う欲する先は皆同じ
               (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                 九州雲仙(2009)

俳句(Haiku)-229

暗闇に雨だれの音しくしくと
雨やまず岩に押されて息詰まる
雨やまず猫も出られずあくびする

外暗し雨だれの音しくしくと
大旦空澄み切って大地萌え
           (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                                                                  京都御所(1994)

俳句(haiku)-228

繰り返し歴史と問わば年の明け
徒然と一日過ぎる今日もまた
旅の夢栄枯盛衰すぐ覚める
セレブリティ先人忘れ忘れられ

錦鯉群游競う美の骨頂
                  (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                  京都北山(1994)

俳句(Haiku)-227

主逝きいつまで香る金木犀
そそくさと過ぎし一年去年今年
忘れ得ぬ思い出多し去年今年
帰り来ぬ過ぎしことども年の暮

燦燦と気の晴れ晴れす大旦
                                                   (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                                                                                   Yosemite(1994)

2017年2月24日金曜日

俳句(Haiku)-226

孤児や春の兆しも虚ろかな
孤児や春遠からじ夢の中
孤児や他人のなすまま正義とは
正義とは政治の言の葉雪白し

ハビアンや悟り開いて如何せん
          (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                                                       
Yosemite(1994)

俳句(Haiku)-225

走りぬけ何も残らぬ去年今年
走りぬけ残りしものは?去年今年
空が鳴く身も凍えるや寒流来
南国や雪のニュースに山向かう

今日冬至29℃季語迷う
      
         (オーボー真悟;呉昭新;瞈望)(2017-02-24)
                                                                        Yosemite(1994)