虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2011年11月23日水曜日

俳句(HAIKU)-0089

俳句の読みまさに九二共識そのものよ(11-11-23)
 (九二共識=九二コンセンサス)

2011年11月19日土曜日

俳句(HAIKU)-0088

(黄昭堂氏死去)
パトリオット波間に消えて海静か(11-11-17)
                     (オーボー真悟)

2011年11月14日月曜日

俳句(HAIKU)-0087

   平家蛍      呉 昭新(台湾)

(台湾語俳句、華語俳句は文語で詠んだ場合、発音が違うだけで、漢字漢語に差は無い。
口語で詠んだ場合、発音だけでなく、語彙も大分ちがう。掲句は文語、ゆえに台湾語、華語
両方とも異なる音で詠める)
1.(日)   セクシーの当選確か食色性也
(台、華)      性感/當選確實/食色性也
(英)  Sexy candidates-
        Certain to be elected
        Food and sex: human nature 

2.(日)    ハビアンや極めて迷う悟りかも
(台、華)  哈比安/極致而迷惑/或許即覺悟
   (英)     Habian-
                    A bonze-priest-officer to arrest Christian
                    attained the acme and perplexed
                    maybe SATORI (*1)


3. (日)      闇のなか平家蛍と呼ばれたり
(台、華)  黑暗中/叫我平家螢
    (英) In the darkness
                    being called:
                    Heikebotaru (a firefly) (*2)

4. (日)      秋暑し台風ニュース居直りて
(台、華)  秋老虎/颱風報導/在端坐
    (英)    Hot in autumn
                    the news of typhoon
                    right there


5. (日)      哲学す布団のなかで夜長し
(台、華)     冬夜長/思惟奔馳/棉被中
    (英)    Pondering and pondering
                    in the bed-
                    long winter night


6. (日)      黄昏や紅葉真っ赤に燃え尽きる
 (台、華) 時黃昏/紅葉燒盡/紅更深
    (英) In the evening-
                    Maple leaves turn red
                    deep red and burnt out


7. (日)      砂嵐怯える暴君命乞う
 (台、華) 沙暴中/懼怯乞命/獨夫相
    (英) Sandstorm-
                    Frightened and asking for life
     the tyrant’s look

8. (日)      見つめいる字も眠るかな冬の夜
 (台、華) 凝視疲/字也入睡/冬夜寂
    (英)    Long winter night-
                    The characters on the screen I am staring at
                    fall asleep too


9.        (中国清朝故事、名利)
       (日)   数多なる長江の舟只二艘
 (台、華) 舟無數/長江浮/只見二舟漂
 (英)(A story of Ching dynasty-people always seek fame and wealth)
                    Plenty of ships
        on the Yangzi river
        I noticed only two though

10.(中国清朝故事、名利)
     (日)    天安門くぐる群集影二つ
(台、華) 天安門/萬人鑽/唯有二影顯
(英) (A story of Ching dynasty-fame and wealth)
      Tiananmen:
                  A crowd of people go through
      I see only two though
*1 SATORI: refer to--http://en.wikipedia.org/wiki/Satori
      and more from Google search.
*2 Heikebotaru-refer to http://worldkigo2005.blogspot.com/2005/06/fireflies-hotaru-05.html

伊豆大室山リフト(11-09-12)

2011年11月4日金曜日

短歌-0004

  青春やお俳句御免我自由
    と言って飛躍もまた苦手やさ(11-11-03)
  
 ハビアンや極めて迷う悟りかも
    しがない浮世に生くるあるのみ(11-11-03)
           (呉昭新;オーボー真悟;瞈望)


                                      伊東市奥野ダム松川湖(11-09-12)



俳句(HAIKU)-0086

  冬の夜見いるディスプレイ字も眠る(11-11-03)
  字の眠るディスプレイ静か冬の夜(11-11-03)

            (呉昭新;オーボー真悟,瞈望)
伊豆大室山(11-09-12)

2011年11月3日木曜日

俳句(HAIKU)ー0085

一人立つ山路の端に薄揺れ11-09-30

冬日差し雲に抱かれる青い山11-11-02

         (呉昭新;オーボー真悟;瞈望)

伊豆小室山(11-09-12)

短歌-0003

 見つめいる夜のディスプレイ字も眠り

     何時の間にやら夢路に入る(11-11-03)
               (呉昭新;オーボー真悟;瞈望)
                              東京の一廓-神田川(11-09-10)

(短歌-0002)

  1. 天与う食色性也人の常
        倫理習いて人の道往く(11-09-27)
    
     (台語、華語短歌)
     食色性也/天賜常情,

        勤習倫理/行人道


  2. こわごわと放射能降る日本へと
        来しは皆と詩歌詠むため(11-09-08) 
  
     (台語、華語短歌)

    核能威脅/旅日心怯,

        為會眾友/共詠詩歌

  3. 八十路にてはじめる俳句なんのその
        詠むは浮世のさがばかりなり(11-09-08)

       (台語、華語短歌)
    齡八十/初詠俳句/無所懼,

        誦詠皆是/浮世塵事


東京神田川辺(11-09-10)