虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2011年6月20日月曜日

俳句(Haiku)-0073

   正義問う国益なれば正義なり(11-06-02)


  浮世人浮世に生きて正義なく(11-06-02)


  耳に蟻齧る鼓膜に人狂う(11-06-19)


  耳に蟻頭の中のビッグバン(11-06-19)


  蟻入りぬ寝耳の中のビッグバン(11-06-19)

              (オーボー真悟;呉昭新)


              2011 沙帽山 (台北,台湾)

俳句(Haiku)- 0072

           鮨を食み盗み見するも見合い席(11-06-02)



       鮨握る指先さばき見とれる眼(11-06-02)


     蟻入る寝耳の内の雷鳴や(11-06-02)


       蟻地獄蠢く人の影ばかり(11-06-02)

     蟻祭り木の葉掲げて巣穴往く(11-06-02)


                                                         (オーボー真悟;呉昭新)


2011-街角(Taihoku,Taiwan)