虹ノ松原 (唐津)

(2009年十一月唐津鏡山より撮影

遥か下虹ノ松原冬霞 (唐津鏡山)
下界なる虹ノ松原冬霞(唐津鏡山)

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!(唐津観光協会)

********************

世界の俳句

有季‧無季 定型.自由律 花鳥諷詠‧人情世故  時事‧社会 客観写生‧主観感動

 みんな みんなの母語でよむ俳句

********************

齢七十五にてつと去りし日を振り返りみて我自身を知る…
波の間に間に 流されるまま 人を羨むことなく 求めることなく
世間と争わず なれど 荒波に遭うを 免れ能わず
思いもよらない 公務員年金を亨く 多からずとも又 少なからず

命を保つに 憂うこと無し
キーボードを たたいて インターネットに遊ぶ

得るところ有れば 又与える事もあり
名利共に 余生の外にあり
(オーボー真悟)
#お知らせ!!
e-book (オーボー真悟の短詩集)を刊行しました、ご興味のある方は下記のアドレスhttp://www.olddoc.net/oobooshingo-poem.pdf をプレスして下さい、無料でダウンロード出来ます。                    
 (オーボー真悟)

2010年9月25日土曜日

0048ー俳句

   リハビリに生を求める秋の暮れ(10-09-24)

  腹黒い人死すと聞き我空し (10-09-20)

  神様は条理に合わない札を出す(10-09-21)
  信ずれば助かるという無駄話(10-09-21)
  キリスト教説く不合理信じ得ず(10-09-21)
  仏教やすべては空虚てふ真理(10-09-21)
  ハビアンや宗教極め迷いなし(10-09-21)


          (オーボー真悟)
                                                             San Francisco

2010年9月18日土曜日

俳句ー0047

 紙破り思い出破る我が命 オーボー真悟


  命終わりに近づく日、周りに積もれる紙を一枚一枚読みながら破り捨てる、その一枚一枚の紙にはいろいろな思い出が残っている、そしてその思い出もまた一つ一つ破り捨てられる、人の一生は一回しかない、そしして私の命も一つしかない、今その命を自ら破り千切っているのだ。

  民主独裁有りえないだが事実  オーボー真悟

 
 己をば己が呪う寂しさよ  オーボー真悟

  
 タイワニーズ奴隷根性身について オーボー真悟

 
 我が身をば己が呪う悲しさよ  オーボー真悟


チエコ(2001)

2010年9月9日木曜日

俳句ー0046

 
.滲みよる闇の静謐秋ふかし

.闇の侘び忍び滲むよ秋深し

.忍び寄る晩秋の闇一人宿

.技(わざ)競う俳句匠(たくみ)の俳句作り

          台北市一景(山の手から見た)2010